2013年02月15日

痛みって?

みなさん、痛いってどういうことなのでしょう。


そんなの痛い以上のなにものでもないと言われればその通りなのですが、
最初の記事では「痛み」について考えてみましょう。


例えば、
腰が痛い場合本当に腰が痛いのでしょうか?


答えはNOです。


正確には脳が痛いと感じるのであって、
腰は緊急事態を脳に伝えるだけなのです。
腰そのものに痛みを感じる機能はありません。


なにを理屈っぽいことをとお思いでしょうが、
これが治療にとってとても重要なことなのです。


つまり脳が痛いと思わなければ痛くないのです。


さらに面白いことに痛みは経験で学ぶので、
生まれたばかりの赤ちゃんには痛みがありません。


だから痛みには個人差があるのです。


このことから、
痛みに対する治療は痛みの情報が脳に行くのを遮断したり、
脳からの命令で出る痛みの物質をコントロールする方法、
つまり注射や薬が使われることになります。


いっぽう、
私達のように薬や手術を使わない伝統医療は
他の方法を使います。


脳に緊急事態と思わせる時間をなるべく短くしてあげるのです。

それが「固定」という処置です。
動かさないことによって神経の痛みをおさえ、
修復の環境を整えます。


このように、
薬などを使わなくても科学的で
効果的な方法がある
のです。


昨今、様々な医療問題が問われるなか
リスクの少ない伝統医療の必要性がより高まっていくのではないでしょうか。


今度はより具体的な疾患について、
患者さんの症例を交え書いていこうと思います。


たまにチェックしてみてくださいね!
posted by ryu at 13:30| Comment(0) | 症状

2013年02月10日

ごあいさつ

はじめまして!

「流」です。

「りゅう」と読みます。


今後は身体・健康に関する様々なことを書いて行こうと思います。


みなさん楽しみにしていてください。
posted by ryu at 17:26| Comment(4) | 日記