2014年03月13日

脊柱管狭窄症

まだ若いかたには、あまりなじみのない症名かもしれません。

最近、多くなった疾患なのです。

それはなぜか?


それは、MRIで発見されるようになったからです。

つまり、MRIができるまでは発見できなかったので病気として存在しなかったのです。

ということは、昔から症状としてあったわけですね。


ただし、比較的高齢者の症状なので平均寿命の低い昔では、今ほど多くなかったかもしれません。

脊柱管狭窄症の脊柱管とは何か?

まず私たちには、首の頚椎が7個、胸の胸椎が12個、腰の腰椎が5個あります。


この24個の脊椎が合わさり、背骨を作っています。

この背骨を縦につらぬく穴が「脊柱管」です。

まさに背骨という柱の中の管なのです。

この管が加齢による組織の変性で狭くなり、神経が圧迫され症状が出ると言われています。

症状としては腰の重さ、痛み、脚へのしびれ。典型的な症状として少し歩いては腰がつらくなって休んで、また歩けるようになることを繰り返すことが多いようです。


あまり症状が重い場合はオペをしますが、なるべく避けたいですよね。

それに臨床経験上、オペをしたからといって必ず好転するケースばかりではないのです。
そう考えると、本当に脊柱管の狭窄が腰の症状を起こしているとは言い切れないケースが多々あると思われます。

まずは保存療法で様子をみることをおすすめします。

お困りのかた、ご相談ください!
posted by ryu at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90348346
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック