2013年11月24日

腰椎ヘルニア

今回はヘルニアです。

まずヘルニアとは何か?

骨と骨の間をつなぐ関節のクッションが飛び出た状態をさします。
当然、腰椎だけではなく頚椎のヘルニアもあります。

原因としては、過度な局部使用による負担や生まれつきの構造によるものが考えられます。
加齢による変形も代表的な原因です。

そしてこの飛び出たクッションによる血流不足が神経の痛みやしびれ、ひどくなると麻痺まで起こすのです。

強い痛みや麻痺など、日常生活に支障をきたす場合は手術の選択肢が考えられます。

もちろん、手術をしたからといって完全に治るものではなく、症状があまり消えない場合も多々あります。

このヘルニア
果たして手術をしないと、どうにもならないのでしょうか?


答えは「ノー」です。


正しくは治る場合もあるということです。

身体の分解物質が飛び出た部分を分解してくれる可能性があるのです。
なので、日常生活がなんとかできる人は、手術を焦らないほうが良いでしょう。

まず、保存療法(手術をしない方法)で痛みや不快感の管理をすることをすすめます。

中には、手技療法をしながらなんとかうまく付き合っている患者さんもたくさんいらっしゃいます。

ヘルニアでお困りの方、一度ご相談ください!
タグ:ヘルニア
posted by ryu at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 症状
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81295420
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック