2013年08月13日

使いすぎと変形

「使いすぎ・・」


みなさん、普通にありますよね。

それどころか、
これが当たり前という方も多いのでは?!

特にアスリート、技術職、演奏者など、日々かなりの使用頻度になると思います。

これが疲労になり、痛みなどの損傷にいたるのが前回の話でした。

しかし、その過度な使用により身体の形が変わると「変形」になります。

長期間使い続けることで、主に骨の形が変わります。

痛みや、動きづらさが特徴です。


最初は使用時の不快感レベルが、
段々我慢できないくらいの痛みになります。

結果、パフォーマンスレベルや能率が落ち、
最悪の場合はリタイアすることになります。

もともと機能的にできている身体の形を変えるのですから支障が出て当然です。



一方で、
その動きに特化して機能的に発達する場合があります。

それを「適応」と言います。


つまり、
機能的に特化すれば「適応」、
悪く障害の方に進むと「変形」ということになります。

こう考えると「適応」の選択肢を選べば良いのが分かりますよね。

では「適応」させるにはどうすれば良いか・・



適度な休養メンテナンスです。

まず適度な休養に関しては、
そもそもが使い過ぎということだから矛盾しますよね。


残るはメンテナンスです。

これは専門家の治療により可能です。

疲れた筋肉をこまめにほぐし、
関節が正常に動くようにしてあげるのです。

この治療は速効性があり、
腕の動きが劇的に変化すること請け合いです。

長期スパンでは変形の予防にもなります。

気になる方、ぜひご相談ください!
posted by ryu at 19:06| Comment(2) | 症状
この記事へのコメント
先生〜〜ヽ(´∀`)ノ
いつもありがとうございます!!
というか、ブログされてたんですねw
お陰様で腕、肩、腰、仙骨など、とっても調子がいいです。
これからもよろしくお願いします☆
Posted by るみ at 2013年08月24日 01:04
るみさん

そうです。
ブログ、ひそかに準備しておりました。

るみさんは長年連れ添った症状がたくさんありましたね。

かなり良い結果がでて本当に良かったです!

今後も身体のメンテナンスまかせてください(*^^)v
Posted by 流 at 2013年08月24日 20:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]