2013年05月01日

肩の凝り・痛みなどPart 2

次に肩の痛みについて説明します。

痛みの場合、何らかの炎症があると考えられます。

以前「痛み」で説明したところの緊急事態ということです。


主な原因としては、
筋肉痛(後日詳しく説明します)
変形性頚椎症(骨棘やヘルニアなどによる神経の圧迫)
関節の不可動
筋硬縮による柔軟性の欠如などがあります。


このように見てくると、
凝りと痛みではまったく状態が違うことが分かります。


つまり治療法も違ったものになります。


なんでも揉む人がいますが、
炎症状態でそんなことをすれば、さらにひどくなるのが分かりますね。


よく聞く
「揉みかえし」
これも、筋繊維が切れて炎症をおこした状態です。


しかし実際は、
痛みや凝りなど様々な症状が一緒に出ることが多いです。

肩と同時に、頭痛目まいがすることもあります。

こうなってくると
確かな観別テストが必要になってきます。


一番の原因はどこにあるのか?


それには治療家の高度な知識や技術、経験が必要になります。

内科的な病気、高血圧が原因のこともあります。

なので、
いっけん肩と関係ない症状と思っても何でも伝えるようにしてください。


私が肩の治療をしてきた結果でいうと、
初回からかなりの満足を得られています。


それはあらゆる角度から原因を判断する結果だと思います。


今のところ、みなさん週一回の治療で快適に過ごされているようです。

肩・頚椎に関してはまだまだあるので、
今後とも個別の疾患を紹介していきます。

つらくてしょうがないという方は、一度ご相談くださいね!

sejyutuka.ryu@gmail.com
posted by ryu at 12:37| Comment(0) | 症状
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]